しゃべる柑橘類

ブログ初心者/ひとりごとのような 何か/記事「『理解』と『共感』と『納得』」を読めば 「理解」しやすいと思います/詳しくはプロフィールへ

「本音」を思うままに表現すること

どうも、柑橘類です。

人のブログを読んでみると、面白いもんですね〜。

みなさん、「誰かに読んでもらいたい」という「本音」のもと、「面白いブログを書く」という行為をする。

私の場合は、「誰かに私の悩みや思いを理解してもらいたい」という「本音」のもと、「本音を思うままにブログに書く」という行為をする。

みなさんは、なぜ「誰かに読んでもらいたい」と思うのでしょう?
自分自身を理解してもらいたいから?
目立ちたいから?
なんとなく形に残したいから?

ブログを書いているみなさん一人一人に聞いてみないと、分からないですね。

探したことがないから分かりませんが、この記事ように
「誰かに読んでもらいたい(理解してもらいたい)という本音を、そのままブログに書き綴る」ということをしている人って、少ないと思います。



なぜみなさんは「本音」を思うままに表現しないんでしょうか?
それって悪いことなんでしょうかね?

多くの人が「本音」を表現したり、表現しなかったりします。
なぜ?常に「本音」を表に出していると、時と場合によって嫌われてしまうから?

嫌われたくないって思う人、多いですよね。
私も、できることなら誰にも嫌われたくないです!

でもそれって絶対に不可能。だって、みんな違うから。



人って、自分と違うものに対して行うことがあるんです。

1. 興味を示す
2. 興味を示さない

まずはこの2つ。
そして…

1-A 理解しようとする
1-B 理解を飛ばして共感・納得しようとする

2-A 興味はないけど理解しようとする
2-B 何もせずに終わる

こんな感じ。
この先まだ続きそうだ…!



ここまで書いて、自分が導き出したい答えが分からなくなってきました。
「なんだこいつ?意味わかんねーことほざいてらあ」なんて思う人もいると思います。
大丈夫!私自身もそう思っています(笑)

多分私は、今みたいに分析をしているうちに、自分の導き出したかった答えを見失い、分析内容をすり替えながら本当に導きたかった「大元の答え」に近づいていこうとしているのでしょう。「大元の答え」は、多分【矛盾していること・答えの無い問いに答えを出そうとしてしまう結果、自己分析が止まらなくなる】という悩みの解決方法のこと。

私は誰かに悩みや思いを理解してもらいたいから、ただ思ったことをつらつら書き続けます。
いつか1-A 、つまり、私の悩みや思いに興味を示し、理解しようとしてくれる人の目にこのブログが留まってくれることを願いながら。

まあ、できれば納得・共感までたどり着いてほしいですけどね(笑)