しゃべる柑橘類

ブログ初心者/ひとりごとのような 何か/記事「『理解』と『共感』と『納得』」を読めば 「理解」しやすいと思います/詳しくはプロフィールへ

「事実」と「正しい」

どうも、柑橘類です。

 

やっとこさ考えがまとまってきました、「正しいとは何か」問題。

有言実行!「書きたい」って自分で言ったんだから、書いてやるぜ!

レッツ☆分析!

 

 

 

  [以下、私の分析経緯と分析結果です。必ずしも正しいとは限りません。]

「正しい」って、幅が広すぎんだよ。

ぶっちゃけさ、数学の問題と国語の問題の「正しい」答えって、意味違うじゃん。

 

数学の問題の答えは、「事実」でしょ。

式に当てはめたら、絶対にその答えにしかならない。

…まあ、解く人が変なミスすりゃ違う答えになっちゃうけどさ。

 

国語の問題の答えは、おおまかな軸が合っていれば正解になる。

ああ、主に読解問題の話です。

「筆者の思いを答えなさい」なんて問題、あったなあ。

友達がよく「筆者じゃないから分かんない」って言ってた。

 

…そうじゃない。

ん?ちょっと合ってるか…?

 

「正しい」って、主観が混じるとややこしいんだよね。

屁理屈じみてきたな。いつものことか。

 

「事実」は、感情が一切介入してこないもの。

「正しい」は、「事実」+「誰かの感情が介入しているもの」も含まれる。

 

この2つは、混同しちゃいかん気がするぞ〜!

[分析終了]

 

道徳とか、常識とかって、極論「誰かの感情」がもとになってんだろうな。

「『絶対』なんて存在しない」とか言うくせに、「常識」なんてもんが存在する。

みんなちゃんと分かってんだろうか…? 

 

 

 

何が言いたかったのか見失ってきています。

いや、きっとただうまく言えないだけ。もっと頑張ろう。