しゃべる柑橘類

ブログ初心者/ひとりごとのような 何か/記事「『理解』と『共感』と『納得』」を読めば 「理解」しやすいと思います/詳しくはプロフィールへ

男も女も、おんなじ「人間」じゃんか

こんばんは、柑橘類です。

 

雨風がすごくて怖いです。家、水没すんのか?勘弁してくれ…。

世間一般の時事ネタを書く気はあまりないので、台風の話はここで終わり。

 

 

 

以前、ちらっと「性別という概念が鬱陶しい」って書いたので、今日はそれについて書いてみようかと…。

気が向いた時に書かないと、ずっと後回しにしちゃうから(苦笑)

 

 

 

柑橘類は、女です。

小さい頃から、言葉遣いが結構荒いです。

「女の子なんだから、そんな言葉遣い良くないよ」って、親に注意されたことがありました。

 

(じゃあ、男だったらいいの?)

 

…口には出しませんでしたけど、そんなこと考えてました。

 

 

 

柑橘類は、オシャレに疎いです。

Tシャツ、パーカー、大好き。まあ、たまにはガーリー(?)な服も着るけど。

スカートは、制服以外あんまり履きたくない。ジーパン、愛してるよ…!

あと、化粧が大嫌い。

 

ぶっちゃけ、化粧をする意味がよく分からない。

仕事に行く時は、仕方なく化粧している。

本当はしたくないんじゃ。

 

 

 

就活の時に、嫌々化粧をしました。

あまりに「化粧やだ」って言っていたら、姉に言われました。

 

「あのねえ、社会人になったら、化粧すんのが当たり前なんだよ?」

 

なんじゃい、その「当たり前」っちゅうのは。

誰が言ったんだよ、んなこと。

 

 

 

いつだったか、テレビにMattが出ていました。

(うーん、なかなか個性的な人だなあ…)

そんな印象。

母と姉は、「気持ち悪い」「男らしくない」って言ってたな。

…いや、二人の悪口を言っているつもりはないんだ。

 

 

 

【人それぞれ、受け取り方は違う】

だから、言葉を発する時、文章を書く時、何か形を残す時、ものすごく考える。

誰も傷つけたくないからね。

 

この記事を家族(特に、母と姉)が読んだら、怒るかもしれない。嫌な気持ちになるかもしれない。傷つくかもしれない。

だから、このブログ(特に、この記事)は家族に見せたくない。

 

恥ずかしいってのも、大いにある…。

「え、あんたこんなの書いてたの?wwww」とか言われたら、まじでアカン。立ち直れん。

 

 

 

タイトルの内容から逸れてきたぜ!(白目)

 

 

 

私は、社会に出てまだ一年も経っていない。

「世間」とか「社会」とか、よく分からない。

つーか、「会社」という小さな世界すら、まだまだよく分かっていない。

 

でも、「色々な人がいる」ってことは、少しだけ分かります。「色々な考え方がある」ってことも。

私は今まで、そんなに多くの人達と関わってきた訳じゃないけど。

それでも、誰一人として、何から何までおんなじ存在なんていなかったぞ。何から何までおんなじ考え方しているヤツなんていなかったぞ。

 

そういう風に考えると、「男なんだから」「女なんだから」って考えるのが、すごく馬鹿らしく思えてきます。

 

 

 

ジェンダー論なのか?これ。

なんか違う気がする(笑)

 

「男なんだから」「女なんだから」って考えるのって、きっと人間だけなんだろうなあ。

他の生き物達は、何を考えているんだろう?