しゃべる柑橘類

ブログ初心者/ひとりごとのような 何か/記事「『理解』と『共感』と『納得』」を読めば 「理解」しやすいと思います/詳しくはプロフィールへ

人格って、よく分からんね

こんばんは、柑橘類です。

 

今日は、エリアメールに怯えながら、「マイティ・ソー」を観ていました。特に何もなかったから良かったです。

 

 

 

柑橘類は、人見知りです。

何をしゃべっていいかとか、しゃべるタイミングとかが分からなくって、もじもじしていることがよくあります。

でも、人と話をすることは基本的に好きです。

初対面で、その後二度と関わることの無さそうな人だったら、割りと好き放題しゃべくります。

 

クラスメイトとか、会社の人とかが相手になると、なんかよく分からんが、こう、縮こまってしまう。

「今後も関わりがある」ってなると、「人見知りさん」がやって来る…!

呼んでねーよ、帰れ。

 

 

 

家にいる時、気のおけない友人といる時等の自分と、人見知り発動中の自分は、全くの別人みたい。

どえりゃあ違うんでさあ。

 

 

 

ここで思ったんです。もしかして、「人見知りさん」は、もはや一種の人格なんじゃないかって。

というより、人格や性格って、もともとお面みたいなのがいっぱいあって、その時々に合わせて無意識に使い分けてんのかな。

 

…これがいわゆる、「ペルソナ」ってやつなんか?

 

私は、そういうのを使い分けず、常にほげほげしていたいんじゃ。

誰にでも平等に接したいんだけどなあ。それは八方美人になっちまうのか?

まあ、今はどうでもいいや。

 

 

 

心は常に、誰にでも開いているつもりなんだけど、無意識に自分で壁作っちゃってる。なんでだろうね…。

色々な人達とすぐに仲良くなれる人って、すごいな。尊敬します…!

 

 

 

最近、MARVELシリーズを順番に観ています。明日は「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」観られるといいな。